30歳後半になると妊娠率が下がる理由

35歳以上の女性が妊娠しにくい!!

『のは卵子の老化が原因』

それは言い換えれば、

実年齢が35歳以上だろうと卵子が若く元気な状態が望ましい!

ということでもありますので、あなたには卵子の老化対策をおすすめします!

そもそも、『卵子が老化する』っていったい何??なんとなーく!イメージはできても

具体的にわからなければ何も対策できないですよね!卵子の老化とはミトコンドリアの数々減ること

『卵子の中のミトコンドリアの数が少なくなる』ことなんです!

ミトコンドリア…ってわかりますかね?

ミトコンドリアは生命の源と言っていいでしょう!人間が生命として活動するために必要なエネルギーを体の中で作り出す細胞生成工場みたいなものです!

女性が妊娠の際に卵子と精子が出合い受精をするとこのミトコンドリアのエネルギーですぐに細胞分裂を始めます。

このミトコンドリアが生み出すエネルギーこそが、新たな生命の誕生に必要不可欠なんです。しかし女性は年齢を重ねると卵子の中のミトコンドリアの数が多く減少し、卵子の活動がへるので受精後に細胞分裂するためのエネルギーを出しにくい状態となります。

女性が35歳くらいわ境に妊娠率が下がってゆくのには体からミトコンドリアの数が減少していくという科学的根拠があるんです。

次回は、卵子の老化と女性が妊娠するためにを説明します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大変混み合っている為お電話の際は何度かおかけください。または、LINEにてお問い合わせください。