労災保険について

労災保険治療とは

仕事中、業務上、通勤途中のケガ、疾病、身体障害、または死亡に対して労働者災害補償保険の適用にて行う治療を指します。

労働中のケガなどに関しては、健康保険ではなく労災保険が適用されます。

実際に作業中ではなくても「休憩時間」や「出張中の移動」なども業務上になります。

正規社員だけでなく、アルバイトやパートなど非正規社員も適用できる労働者となります。

ケガ(骨折、ねんざ、腰痛、傷害など)の治療だけでなく、労災によるケガで手術をした後のリハビリも可能です。

労災保険治療は、気持よく仕事に復帰していただくための治療になります。

労災保険の適用となりますので、基本的に患者様の窓口負担はございません。

●柔道整復師用の労災用紙【様式第7号(3)】の提出のみをお願い致します。

●鍼灸師用の労災用紙【様式第7号(4)】の提出のみをお願い致します。

どちらか必要です。

鍼灸を受ける場合は医師の同意書、評価表がさらに必要になります。

事業主より署名・捺印が必要な書類になります。

こちらの用紙があれば、保険請求や面倒な書類作成などは当院が代行して行います。

 

K鍼灸接骨院は、お客様の負担0円で労災保険を使用した施術が可能です。

仕事中の事故やケガによって、身体に痛みを抱えている方いらっしゃいませんか?

そのまま放おっておくと、もっと症状がひどくなるかもしれませんよ・・・。

我慢せずに、労災保険を使って痛みを改善していきましょう。

K鍼灸接骨院は、整骨院での労災施術、鍼灸での施術どちらも対応しています。

鍼灸での労災施術を受けたい場合には、医師の同意書と、評価表が必要になりますので、病院での受信が必要です。

それが可能でしたら当院で鍼灸施術を受けることができます。

勤務中の労災で施術を受けるには

「療養補償給付たる療養の給付請求書」の様式第7号

こちらの書類が必要になります。

こちらには病院用と整骨院用の書類があり、様式第7号というのが整骨院用の用紙ですので、お気を付けください。

通勤中の労災で施術を受けるには

「療養補償給付たる療養の給付請求書」の様式第16号の5

こちらの書類が必要です。

この用紙も病院用と整骨院用、鍼灸院用とありますので、お間違いのないようお気をつけ下さい。

勤務中・通勤中などのケガの場合は、お勤め先の会社でも用紙をもらうことができます。

ご不明点がありましたら、お気軽にK鍼灸接骨院にお問い合わせください。

お越しになる際には、必ずこの用紙と保険証をお持ちいただくようお願いします。

労災保険の施術なら、入間市K鍼灸接骨院にお任せください。

 

Posted by ksekkotu