スポーツ障害

成長期や同じスポーツを長く続けることで、体の一部に負担がかかって起こる障害捻挫・肉離れ・テニス肘・ゴルフ肘・膝の痛み・打撲・骨折・脱臼など、スポーツにケガは付きものです。

スポーツで生じやすい怪我や障害は沢山ありますが、診断や処置、治療のタイミングを間違わなければ比較的早く治るものも多いので、不安な人は時期を置かずにすぐに相談してください。

ケガをしないことが一番大切です。日頃からのの基礎トレーニングとケアを欠かさず行うことでケガを未然に防ぎましょう。

足首の捻挫・手の捻挫

捻挫を皆さんは軽いものとお考えでしょう。しかししっかりと治療、固定をしなければ後々大変なことになりえます。

しかり初期には固定をしその後リハビリをしなければなりません。足首がブランブランになることもあります。そしてその後の腰痛や肩こりなどにも影響します。

特にお子様は未来ある子たちです。スポーツ人生の寿命を下げない為にもしっかり治療しましょう。

お子様の治療

お子様のケガは当院にお任せ下さい。

ケガの痛み辛さは経験しているからこそ誰よりもわかっております。

当院は入間市子ども医療指定機関です。詳細

窓口負担は〇円です

野球

治療法

野球肩や野球肘の治療は、投球練習の休止は一般的ですが、過度の安静は回復を遅らせます。痛みの強い動作は避けて次第次第に正常に戻すことが重要です。

練習をさせながら治療を進めるには集中的な治療が必要となります。短期間で痛みを減少させ、早期復帰は筋力低下を防ぐことになります。

また投球フォームの改善を行うことは重要です。

野球肩の種類

一般的に「野球肩ですね!安静にしてください」と診断されている中にも、様々な病態がある。

・野球肩【原因が特定しないため大まかな症状名】

・インピンジメント症候群【関節内で衝突してしまい腱板炎・損傷、棘上筋の損傷】

・SLAP損傷【肩関節上方関節唇損傷、二頭筋腱や関節腱板の損傷で関節の不安定が疑われる】

・ベネット病変

・ルーズショルダー

・上腕二頭筋腱炎

・リトルリーグショルダー

原因
野球肩と野球肘は、投球時のオーバーヘッドスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。野球はスポ根ドラマの題材にされやすいように、 血のにじむような練習を積み重ねることを美徳としているスポーツという特徴があります。

野球の指導者にしても投げ込んでコントロールを身に付けるなど、運動量の多い練習を好む人物が多いのも野球の特徴ともいえます。

野球に関するスポーツ障害は、指導者の無理解による所も大きいことも問題なのです。

いわゆる負担がかかる状態で投球動作を繰り返す事により、肩関節の組織が少しずつ損傷を受け炎症を起こす事で痛みが発生します。

1、オーバーユース

投球数としては

小学生では1日50球以内、試合を含めて週200球を超えないこと。

中学生では1日70球以内、週350球を超えないこと。

高校生では1日100球以内、週500球を超えないこと。

連投は危険です。これが理想です。

アメリカでは徹底されています。

2フォームの問題

これが一番問題となります。正しいフォームとは・・・
実は、個人個人それぞれ体型や筋力が違いますから、これが正解というものはありません。

ケガしない投げ方にはいくつかポイントがあります。

当院では個人に合った投球フォームをお教えしております。

投球フォームのチェック

①ワインドアップ期
②コッキング期
③加速期
④フォロースルー期

投球フォームを分析するとこの4期に分類できます。

投球フォームのポイント

①ワインドアップ期→②コッキング期の投球腕の振りかぶった状態からトップの位置(肘の上げ方と高さと左右肩のライン関係)

②コッキング期→③加速期のゼロポジション(肘の高さと肩甲骨の関係)

③加速期→④フォロースルー期の膝の屈曲角度(投球を続けていくと膝の曲がりが浅くなり体が突っ張った状態になる)

この4期がスムーズに一連の動作の中で正しく完結できている状態であれば野球肩となることは少なくなるでしょう。

しかし、自分で投球動作を確認する事はなかなか難しいと思われます。

専門的知識のあるコーチに相談するか当院へご相談いただければ投球動作の確認をいたします。

バスケ

原因
突き指は素手でボールを扱うことが多い球技に起こりやすいといえます。具体的には、野球・バレーボール・バスケットボールなどですが場合によってはサッ カーのゴールキーパーにも起こります。

これらのスポーツの共通点は、「ボールを指先で捉える機会が多いこと」「倒れるなどして地面に指先をつける機会があること」などがいえます。特にヘッドス ライディングで指先から滑り込む野球や、回転レシーブなどで指先を地面につけるバレーボールが突き指を起こしやすい スポーツとなっています。

そして、これらのスポーツは指先の使い方が試合の結果に大きくかかわってくる性質を持っているため、突き指が選手生命を左右する ことも充分にありえるのです。

治療法

突き指は、甘く見られがちな怪我であるといえます。俗に「突き指をしたら引っ張ってやればよい」と言われていますが、逆に指の骨の脱臼や腱の炎症を引き起 こす原因となってしまうので厳禁です。

突き指を起こした場合は、RICEにしたがって患部の冷却を行います。ただし素人が無理にテーピングや包帯などで固定しないでください。容易に循環障害を 起こす可能性があります。

突き指は骨折や腱の断裂を伴う可能性があるので専門家を受診してください

サッカー

大腿部肉離れ

原因
肉離れは乱暴な動きや急な動作によって、筋肉が過度に伸ばされ、裂けることによって起こります。

大腿後面 ( ハムストリングス / 太ももの後ろ ) に最も多く発生し、大腿前面、ふくらはぎ、上腕部等にもみられます。

原因としては過度の伸展、大きな負荷への急激な筋肉収縮、筋肉のアンバランス ( 屈筋の筋力が伸筋の50%以下になると肉離れの発生頻度が高くなると云われています。) が挙げられます。

また、最近ではストレスによる肉離れも増えていると云われています。

治療法

受傷直後にはRICE処置が有効です。

軽度の場合は弾力包帯などによる軽い保護と支持のみで、引き続きスポーツ活動することが可能です。

その場合は活動時、軽い重苦感はあるものの、関節の可動域や筋力に変化が無いときです。

原則として2週間程度は歩行以外の下肢への荷重刺激を避け、損傷筋の伸展による筋力強化は見合わせるようにします。

肉離れの予防としては日頃から充分なストレッチングを行うこと、疲労の蓄積を防ぐこと等が挙げられます。

足関節捻挫

原因
足間接捻挫は、スポーツ外傷の中で最も多い怪我の一つです。 足部の「内側ひねり」による内反 ( ないはん ) 捻挫と、足部の「外側ひねり」による外反 ( がいはん ) 捻挫があります。

圧倒的に内反捻挫の方が多く、この場合は外側くるぶし周囲の靭帯の損傷 ( この場合は靭帯が引き伸ばされること ) であり、逆に外反捻挫では内側くるぶし周囲の靭帯の損傷となります。

症状としては痛み、腫れ、運動痛等があり、関節の可動域 ( 本来動かすことのできる関節の角度範囲 ) の異常等が見られます。

治療法
初期治療にはRICE処置が効果的です。 痛みの無くなった段階でのリハビリテーションとして筋力強化 ( つま先立ち、かかと立ち ) 等が効果的ですが、これは足関節捻挫の予防にもなります。

関節の不安定性 ( グラグラする ) が強い場合は手術をする場合もあります。

膝前十字靭帯損傷

原因
前十字靭帯は膝内部にある靭帯で、主に脛骨 ( けいこつ ) が内旋 ( ないせん / 内側ひねり ) しながら前方に行き過ぎないように抑制する働きがあります。

この靭帯が断裂、損傷すると脛骨は前内方へ亜脱臼し、膝関節の安定性は損なわれることになります。 サッカー、バレーボール、バスケットボール、スキー、野球等で受傷することが多く、受傷時には靭帯の切れる鈍い音を感じることがあります。

その後、数時間すると膝関節が腫れ、膝の中に血が溜まることもあります。

治療法
膝関節の外傷の場合は前十字靭帯損傷を念頭に置いた上で、すみやかにRICE処置を行い、医療機関で診察を受けるようにします。

怪我の急性期 ( 受傷から48時間以内 ) を過ぎてスポーツ活動に復帰すると、膝くずれを起こし、二次的に半月板や軟骨に損傷が及ぶことがあります。

受傷後もスポーツ活動を続けたい場合は、前十字靭帯の再建手術 ( 靭帯を作り直す手術 ) が必要になることが多いようです。

再建手術には膝蓋骨についている膝蓋靭帯を使用する方法 ( BTB法 ) とハムストリングス ( ふとももの裏の筋肉 ) の半腱様筋 ( はんけんようきん ) を使用する方法 ( ST法 ) 、人工靭帯を使用する方法等があり、それぞれに長所と短所がありますので医師と相談の上手術法を選択することになります。

手術後は再建した靭帯が緩まないように最善の注意を払いながらリハビリを行い、個人差はありますが約半年から8ヶ月程度で競技復帰することが可能となります

テニス

テニス肘

原因
テニスのバックハンド及びフォアハンドのストロークで肘関節に痛みを生じる場合のことを言います。

日常生活においてはドアのノブを回すとき、タオルを絞るとき等に同様の痛みが生じます。 発生のメカニズムとしては、バックハンドの場合は手関節を背屈 ( 後ろに反らせる ) する筋肉、フォアハンドの場合は手関節を掌屈する ( 手のひら側に曲げる ) 筋肉の骨との接合部位の炎症、筋肉の線維の部分的断裂、および筋肉の使い過ぎによる疲労などが原因とされています。

バックハンドのときの痛みは肘関節の外側に、フォアハンドのときの痛みは肘関節の内側に起こります。

治療法
受傷直後は痛みを起こす動作は避け、何もしなくても痛みがひどい場合はアイシングをします。

痛みが無くなった時点では温熱療法に切り替えます。 またストレッチングや筋力強化をはかり、筋や腱の柔軟性を回復するようにします。

スポーツ活動に復帰する場合はしばらくの間はエルボーバンドなどを使用して、肘の保護に努めるようにしましょう。

しっかり治したい方は自費施術の特別治療を行いましょう!!

慢性の方は完全自由診療⇒特別治療≪要予約≫

特別治療 5,400円 

はり治療しています

保険診療の患者様

腰痛はり治療
・10分間のオプション鍼治療1,200円

・プラチナ矯正治療2,500円

・オプション特別治療4,000円

がオプションとしてあります。

電話もしく施術の際にお申し付けください

慢性の方は完全自由診療⇒特別治療

Posted by ksekkotu